アイランダー2019 開催報告

2019年11月23日・24日の2日間、池袋サンシャインシティ文化会館展示ホールCにて「アイランダー2019」を開催いたしました。

全国の離島が一堂に会し開催されるアイランダー、今年度は4つの島外団体を含む83ブースが出展し、約190の島が参加しました。今年は約11,000人もの多くの方々にご来場いただき、大盛況のうちに終了することができました。

今回のアイランダーを通して、初めてご来場いただいたお客様はもちろん、リピーターのお客様のご来場も多く見受けられ、更に離島に興味・関心を持っていただき、「島に行ってみたい」そんな気持ちになっていただけたなら嬉しく思います。

日本全国には個性豊かな多くの島がございます。

アイランダーではその魅力や特徴を感じていただきましたが、アイランダーだけでは島のすばらしさを全て知ることは難しいと思います。本イベントを通じてより多くのお客様に島へ足を運んでいただき、島のすばらしさを実際に感じ取っていただければ幸いです。

アイランダーにて発信させていただく島の情報は年々変化を重ね、回数を増すごとに深化しております。より深く島の情報を得るためにも毎年ご来場いただけますと更なる「島活」につながるのではないでしょうか。

このようにアイランダーは島の魅力をより多くの方にお伝えし、島の方たちとの交流を通して、島への多様なご縁につながるきっかけを生み出すことを目的としたイベントです。 アイランダーをきっかけに、少しでも多くの方の選択肢に「島」が増えることを願っています。

最後になりますがアイランダー2019へお越しいただきまして誠にありがとうございました。

また来年のアイランダー2020でお会いできることを楽しみにしております。

「開会宣言の様子」

主催者、来賓による挨拶と開会宣言がおこなわれ、八丈島の八丈太鼓が鳴り響く中、入場が始まりました。

「入場の様子」

アイランダーを楽しみに、今年も多くの方々にご入場いただきました。開場時までに、多くのお客様の列ができておりました。

「島の情報提供コーナー」

各出展ブースから全131種類の情報提供シートが集まりました。各島々の求人情報や貸家などの移住・定住に関わる情報シートが人気でした。

「ハローワークコーナー」

専門の相談員がブースに常駐していました。移住に際し、島の就労事情を真剣に相談する人、求人票コーナーで情報収集する人など活用方法は様々でした。

「ブースの様子」

ブース内では「島活相談員」が島の魅力をお伝えするとともに移住相談などに親身になって応対していました。

「ブースの様子」

ブースでは民俗衣装を着て体験コーナーなどで島の魅力を伝えているブースもありました。

「島の伝統工芸・ワークショップ」

島独自の工芸体験や特産品を利用したワークショップなどが行われました。

「アイランダーマーケット」

各ブースごとに特産品の試食や販売が行われました。島の方々との会話を楽しみながら、来場者がお買い物を楽しむ風景がみられました。

「場内の様子」

会場内は、島独自のアットホームな雰囲気で、来場者を温かく迎え入れ、様々な交流が行われる場となりました。

「場内の様子」

各ブースとも個性豊かなPRで島の魅力を発信していました。ご当地キャラクターが練り歩くなど会場内は終始賑わいを見せていました。

「アイランダーステージ」

太鼓・歌・踊りなどの伝統芸能や、島の魅力を映像を使って紹介するコーナーなど、島の雰囲気を味わえるステージとなりました。

「島のグルメ食堂」

島根県・隠岐諸島(中ノ島)、東京都・青ヶ島、東京都・八丈島からの出展でした。どのメニューも大好評で開催日両日共に完売いたしました。

「島の特産品プレゼントコーナー」

アンケートに答えて島の特産品が当たる抽選コーナー。多くの方々にアンケートへご協力いただきました。ご意見を参考にアイランダーをよりよいイベントにしていきます。

トップへ